心のケアなら株式会社セーフティネット

株式会社セーフティネットという会社があるのですが、この会社はメンタルヘルスについてのサービスを行っています。株式会社セーフティネットの設立は2001年となっており、日本でもメンタルヘルスについては先駆けとも言えるところとなっているのです。

メンタルヘルスは、仕事に何かしらの影響を与えることがあるのです。メンタル面が良ければ仕事に対して与える影響はほぼありませんし、むしろ良い影響を与えてくれる可能性もあるのです。しかし、もしもメンタル面が良くない状態だと、それに比例して会社に対して良くない影響を与える可能性があるのです。特に、仕事に関しては少しのミスが命取りになってしまう可能性もあり、それを回避するためにはメンタル面での充実が必須になるわけです。過去にはこれが大不況につながったということもあり、海外ではメンタルに関するケアをしっかりと行ってきたのです。そして、その流れに呼応するかのように、日本でもメンタルケアを行おうという動きが活発に行っているのです。特に2000年代に入ってからは労働者への安全配慮の義務付けがされていることから、顕著となっているのです。

設立が2001年の株式会社セーフティネットですが、この会社がどうして作られたのかというと、これは設立者である山崎敦の考えが大きく影響しているのです。メンタル面が重要だという考えを持っているのが山崎敦なのですが、それは彼の昔の経験から来るものとなっています。彼は、会社を作る前には自衛隊に勤務していたのですが、そこで原因は不明ながら部下を自殺で失っています。1度ならまだしも同じことが2度起こっているのです。こうした経験があってから、彼は一人でも多くの人がいなくなることを回避したいという気持ちを持ち、会社を作り上げたわけです。これは、日本でメンタルヘルスの重要性が叫ばれる前からの話で、他の会社と比べても明らかに高い評価を得ている理由がここにあるのです。

株式会社セーフティネットは、これまで多くの会社からの評価を得ることに成功しており、現在では500社以上の会社との契約を行うことに成功しています。もちろん会員数もそれに比例するかのような多さとなっており、日々多くの人たちのメンタルケアを行っているのです。株式会社セーフティネットは、悩み事の直接のサポートはもちろん、メンタルについての相談などの受けており、今後もメンタルヘルスのサービスを提供する会社としての躍進が期待されています。