株式会社セーフティネットのサービス内容

2015年12月1日から労働安全衛生法の1部改正が行われ、それにともないストレスチェック制度が義務化されました。
株式会社セーフティネットのサービスの1つは、ストレスチェックサービスです。
厚生労働省が推奨する「職業性ストレス簡易調査」を実施する事から面接指導を勧奨するところまで担当者の方に代わって行いますので、担当者の方の業務の軽減になりますし、同時に提供される集団分析によって職場環境改善にも繋げて行く事が出来ると思います。

株式会社セーフティネットはまず従業員の心の状態、いわゆるストレス度を把握する為にストレスチェックを実施します。
受検率を向上させる為に未受検者への受検勧奨メールを配信し、沢山の方にストレスチェックを受けて頂くよう努力をしていきます。
未受検者リストの提示もして受検勧奨を行っていきます。受検後の結果を提供してもらうには本人の同意が必要ですので、同意の取得の代行もします。そして高ストレス者が出た場合は医師面接指導勧奨を代行して行って予防措置をはかっていきます。
調査票の種類は57項目の職業性ストレス簡易調査票と標準版120問の新職業性ストレス簡易調査票の2パターンをWeb版と調査票版で用意しています。
調査票版は英語・中国語・ポルトガル語版を用意しています。

株式会社セーフティネットではオールインワンサービスと言って、ストレスチェック実施時以外でも充実したフォローサービスが受けられるようになっています。
その1つは高ストレス者向け電話相談窓口です。もう1つは、なんでも相談サービスと言ってメンタヘルス・健康だけでなく何でも相談出来るように24時間サポートしていきます。

株式会社セーフティネットのサービスの特長としては、全国約76拠点を結ぶカウンセリングネットワークがあり、各地のカウンセラーが細やかな対応をします。
担当者の方へのサービスとしては、時間のかかる個人への色々な勧奨や同意の取得などの代行はもちろんですが、集団分析の統計表の作成や、行政への報告書基礎データの作成なども株式会社セーフティネットが代行しますから、手間のかかる作業をしなくて済むという事です。
ストレスチェック実施後、産業医が医師面接を実施出来ない場合なども提携会社と連携して対応する事も出来ます。
義務化されたストレスチェックの実施を今からお考えでしたら、是非一度、株式会社セーフティネットに詳細をお問い合わせ頂いてからお考え下さい。